cuteな心意気

大野智と嵐と仕事~幸せいくつ数えられるかな~

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

08月14日

(火曜日)

大野智に惚れた京セラ後の私

2007年4月21日、おおちゃんにそっと恋した、京セラドーム。
ついに私の「智マニア道」が始まっちゃいました。
まだまだ見習い中の身ですが。

暇に任せて、今日はその続きを書いてみようと思います。
4月京セラ後の私。

①告白
 もうね、この嵐を愛する気持ちを、心の中に閉じ込めておくことが苦しくって。
 翌日にはもう、職場のお姉さん的存在、Mさんを飲みに誘ってました。
 ワイン好きのMさんに、ガンガンワインを飲ませ、お酒のチカラを借りて告白!

 恵 「私、昨日・・・とあるグループのコンサートに行ってきたんです。」
 M 「だれのー?」
 恵 「・・・イタイんです。我ながら、ほんっとにイタイんです・・・」
 M 「えー大丈夫やでー。私も野猿にめっちゃはまった時期とかあるもん。」
 恵 「野猿ですか・・・。野猿・・・よりイタイかも。」
 恵 (いやー、い、いけるかも!)

 恵 「私、ジャニーズのコンサートに行っちゃったんですっ!」

 M 「・・・・ジャニーズ?・・・・」
 M 「・・・・・・・」 ←テンション低

 や、やっぱり。
 でもね、Mさんはものすごくお姉ちゃんで。
 予想通り、優しく話を聞いてくれました。

 客席の上をステージが動いて通るんです。
 私の真上を、おおちゃんが翔ちゃんが通ったんです。
 めっちゃ汗とか落ちるのが、見えるんです。
 赤ちゃんとかも会場にいるんです。
 おばあちゃんも来てるんですー。
 おおちゃんって、めっちゃ歌が上手で、踊りが凄くて、優しいんですー。

 意味不明にまくし立てる私に、優しく微笑んでくれるMさん。
 ご満悦な私。

 恵 「今度一緒に、嵐コン行きましょーよー。」 ←調子にのりすぎ
 M 「うーん。それはちょっとー。ごめんねー。」

 や、やっぱり。
 やっぱりだめかー。
 一般人に、ジャニコンはハードル高し。

 でもでも。
 実はこのわずか1ヵ月後に、Mさんは、にの堕ち・・・しちゃうんです。
 うふ

②東京遠征
 4月30日のドーム。
 行きたいよー。でも、東京まで行っちゃう私ってイタイ?
 ちょっぴり、うじうじな私の背中を押してくれたのが、うちのおっと。
 「行ってきたらい~やん。」 ←めっちゃのんき

 てなわけで、またまた1人で。
 しかも東京まで行っちゃいました、私。
 でも、やっぱり1人はさみしいな、ってシュンとしてたら、
 隣の可愛い女の子がしゃべりかけてくれて。

 女 「誰担ですか~?」
 恵 (たん・・・ってなんだろう?)
 女 「私、智担です~。」
 恵 (あ、ファンってことか!)「私、松本くん・・・」 ←違うだろー
 恵 「松本くんと大野くんが好きです。」

なぜか、とっさに「松本」の名前が口から出てきて。
思わす2人の名前を言っちゃった私。

 女 「2人担ですか・・・」 ←テンション低

2人好きな人の名前をあげちゃ、いけないの?
そーなの?そういう掟があるの?

勉強になります
私はこの日、この可愛い女の子に、いろーんなことを教えてもらったのでした。

 大野くんのことは「おおちゃん」って呼ぶこと
 大野くんカラーは、青色だってこと
 コンサート前にうちわやグッズを買ってから会場に入ること
 振りは、DVD見て覚えること
 smile again ありがとう♪には「あらしー」ってコールするってこと
 あ、あと、うちわの作り方

なるほど。
勉強になりました。
すっかり大野智ファンに好印象
嵐ファンって、なんかあったかいなぁ。
名前も聞かなかったけど、お互い「またね」って言って別れました。
また、どこかで会える気がします。

うちわ文字が「さとしっく」だった彼女。
今日も元気に、おおちゃんを応援してるかな?


スポンサーサイト

2007年

08月10日

(金曜日)

大野智を目で追っていた2007年4月21日

2007年4月21日(土)京セラドーム!初ジャニコン、初嵐コン。
この一線を越えちゃっていいの、私?
実は何度もためらったんです。
学生の時ですら、ジャニーズに興味を持ったことがなく。
周りにひとりも、ジャニーズ好きがおらず。

ほんとーに、行くの?行ってもいいの?しかも1人で行くの?
ジャニーズファンって、若いギャルたちばかりでしょ?
何気に怖いし。

うつうつ。
わくわく。
どきどき。
ためらう数週間。

そして、えいっ
「部長、21日の土曜日、友達の結婚式の2次会に参加したいんで・・・
15:00で早帰りの申請をさせてください。(ぶるぶるっ。緊張。)」
い、言っちゃいました。う、嘘つきました。OKもらっちゃいました!

一線越えちゃってもいいですか、私。
こんな事、誰にも言えない。

4月21日(土)17:30、私は京セラドームの前に呆然と立っていました。
結局、あまりの忙しさで家に帰れず、黒いスーツ姿で。
あの時の心細い気持ちったら、はんぱなかったです。
人、多いし。スーツの人なんていないし。
みんな、なぜか集団でいるし、仲よさそうだし。

会場にそっと入ってみて、席に座ってみて、その居心地の悪さに更に呆然。
みんな、ペンライト持ってるし、うちわ持ってるし。テンション高いし。
しかも隣の席の子、東京から来てるし。
「よくこんだけ客入ったよね。埋まらないんじゃないかって思ってた。」
なんて、若いのに上から目線だし。

怖いよ。帰りたいよ。異文化圏に迷い込んじゃったよ。
おどおど。おろおろ。ひとりで来るんじゃなかったよー(激後悔)。
あ、PVが流れ始めたよー
みんな「きゃーきゃー」言ってるよー
2005年2006年まできたよー
Love so sweetだよー
バーンっていったよー
あー、嵐登場したよー
うぎゃー、私どうしたらいいのー?

・・・もう後は頭の中が真っ白です。
アリーナの真ん中ほど、ステージからみて右側にいた私。
すべてに圧倒されっぱなし。
きっと、ぼーっとその場に立ち尽くしていたことと思います。
会場の雰囲気に飲み込まれ、あとはただただ、されるがまま。

□コンサート後の余韻
 大野くんって、たくさんソロパートがあるんだな。
 大野くんって、歌上手なんだな。
 大野くんって、Rainの時、キャラ変わるんだな。正統派ジャニーズだな。
 大野くんって、仲間想いなんだな
 (相葉ちゃんの足がつったとき、ずっと心配そうに顔を覗き込んでたから)
 大野くんって、ファンひとりひとりを見てる気がするな。
 大野くんって、ピースしたり、変な顔したり、ファンサービスすごいな。
 大野くんって、優しい顔するんだな。
 大野くんって、サインを遠くに飛ばすの上手いな。
 大野くんって、手の振り方が体操選手みたいだな。
 大野くんって、可愛い表情するんだな。

はい。
私、やられました。
見事に感想は大野くんオンリー。

あれ?あれれー?潤くんは?

そう、そしてとどめ。
ドーム規制退場の待ち時間に流れた、we can make it!のPV。
「wow wow wo~(with 笑顔)」の大野くんに、私はknock out。

あー、大野くんって、こんなにcuteで優しい人だったんだー

2007年4月21日、ついに私は大野智に、そっと惚れたりしちゃったのでした。
それは、劇的に!というわけではなく、なんとなく、静かに、ゆっくり、そーっと。
気づいたら私の心の中で、大野くんが隠れて笑ってた、ってかんじ。

そうこの日、新たな智マニアが1名誕生

★テーマ: - ☆ジャンル:アイドル・芸能

2007年

08月10日

(金曜日)

潤くんに、ころころっと堕ちた2007年初春

数子さんがおっしゃるところの、“大殺界”も2006年で終了!
ちょっとずつ様子みながら、新しいことでも始めちゃう?的な2007年に、
突然彼らはやって来たのです。

怒涛の「嵐祭り」、開幕。

きっかけは2006年冬にようやく拝見した「花より男子」。
松潤道明寺は、本当に素敵。

影のある男
ちょっぴりかわいそうな境遇の男
他人から誤解されやすいんだけど、本当はとっても優しくナイーブな男
友達を大切にする男

もともとそんな設定に弱い私は、ものすごいスピードで転げ落ちました。
堕ちましたよ、潤くんに

で、「リターンズ」が始まって。
「ごくせん」みて。
おっ・・・と、慎くんの設定も超好み!
勢い加速で、「きみはペット」みて。
おっ・・・と、モモの設定も超好み!
cuteな笑顔にやられまくって涙して。

ころころっ、と坂をころがる勢いで、潤くんに恋しちゃいました。

どのくらいloveだったかというと。
それは、「僕は妹に恋をする」を怖くて観にいけないレベルのlove。
事前に小説を読んで、潤くんをイメージしただけで、
せつなくてせつなくて、しんどくて。
実際に潤くんの演じる頼をみたら、
せつなすぎて1週間ほど日常生活が滞る、と本気で自分に危うさを感じた、私。
give upしました。
映画、観られませんでした。

2007年1月から4月20日までは、ほーんと潤くん一色
3月にはすっかり、「潤くんの所属している嵐」のことも大好きになってました。
思い出したかのように、ARASHICについてたoneコンのDVDを見て。
CDを次々買って一生懸命聞いて。
で、潤くんに会いたい一心で入手しましたよ、ドームコンチケット!

あぁ。運命の2007年4月21日

ようやく彼が、静かにそっとやって来るのです。
おおちゃん、らびゅまであと一歩!

★テーマ: - ☆ジャンル:アイドル・芸能

2007年

08月09日

(木曜日)

嵐と再会し潤くんが気になりだした2006年

「花より男子」第1話で久しぶりに潤くんと再会した2005年。

ところが、潤くんを軽くスルーしてしまった2005年。
第1話を見たなら、第2話も見とけばいいのに、私。
第2話を見たのは、2006年も終わりのことでした。

さて、2006年。
ようやく私の生活に、ちょっぴり嵐が加わります

あれは2006年初夏?
コンビニでみかけた1冊の雑誌。
表紙は「なんとなーく懐かしい5人組」。
そのままなんとなーく手にとって、ぱらりとめくると5人のトーク記事がドーン。
「きっと大丈夫」について5人が、わきゃわきゃ語っている記事でした。

私、このトーク(活字ですが)に心をぎゅっつとつかまれたみたい。

潤 「ラップは翔くんが作詞したんだよね?」
智 「・・・シャカシャカベイブってなに?」
翔 「知らねーよ!そこはオレが書いたんじゃねーから(笑)」

そう、こんなふうな内容があって。
なんか仲良しな雰囲気だなぁ、可愛い5人だなぁ、
ってものすごく強い印象を受けたんです、私。

で、この雑誌で目にした「ARASHIC」というCDを買わなくちゃ!と急に思っちゃったんですねー。

「ARASHIC」はどのお店で買ったのか全く覚えていません。
でも、しっかり初回限定版を買ったようで。
oneのDVDがついてますもん。
ただあの当時は、限定版なんてどうでもよかった。
とりあえず、シャカシャカベイブ♪を聞ければよかった!のよね。

祝 CD購入
しっかり聞いたのは「きっと大丈夫」だけだけど。
DVDは2006年の間、1度も見られず、そのまま放置され続けたけど。
ようやく嵐との、ちゃんとした出会い

そして「花より男子」のレンタル開始。
と同時に、

祝 「花より男子」視聴
こうしてようやく、私は潤くんのことが気になるようになったのです。
2006年の冬の事でした。

★テーマ: - ☆ジャンル:アイドル・芸能

2007年

08月07日

(火曜日)

嵐とのすれちがい2005年

1999年、嵐5人の名前をフルネームで言えた私。
和也を“かずなり”ってきちんと読めた私。
私、すごーい

でも。
それ以上の進展はなかったんです。
そう、それは嵐への愛ではなく、仕事への愛がさせた事だったから。

残念。

あの頃はまだ若かった・・・   ←私が?嵐が?

で、あっさりと、次の記憶は2005年。
これがまた、それがまた暗い記憶で。
2005年秋、私は相当病んでおりました。
新しい上司は無理難題ばっか言ってくるし、プライベートもがたがたしてるし。

今から思えば、あの日は2005年10月21日。
何もかもすべてがイヤになり「おなかが痛い」と嘘をついて仕事をサボったあの日。
つらい気持ちで、ボーっとTVを見ていた私の目に飛び込んできたのはそう、松潤!
「花より男子」第1話で懐かしの嵐メンバーに、ようやく再会したのでした。

仕事をサボってなきゃ絶対見られなかったわけだしー。
これはある意味運命的!神さまからのプレゼントだったんだわー
と今の私は思ったりするのですが、

残念。

2005年はまだ若かった・・・   ←私が?潤くんが?

□あの日の感想
松本潤・・・人間らしい顔になったなぁ。
ここまで成長することを見越してデビューメンバーを決めるジャニーズってすごいな。
メンバーを決めるのはジャニーさんなのかな?
だとしたら、ほんまにすごい人なんやな。
ジャニーさん、見てみたいわ。

もう・・・がっかり。
ジャニーさんはどうでもいいから、あの瞬間、潤くんに恋して欲しかったよ。
2005年の私!

ここで潤くんに恋していれば、
2005年のうちに、嵐についてたくさん勉強して
他のメンバーの事も好きになって、
3104コンは間に合わなかったかもしれないけど、
2006年末の「転生薫風」は観ていたと思うよ、確実に。

3104コン。
転生薫風。

2006年をおおちゃんと共に過ごせなかった事、本当に悔やまれます
私のばかー。
結局2006年になって潤くんに恋するんなら、2005年のあの日に・・・

神さまからのせっかくのプレゼントを、足蹴にした私でした。
すれちがいの2005年。
おおちゃん らびゅへの道のりはまだまだ遠く。


★テーマ: - ☆ジャンル:アイドル・芸能

 | 

 プロフィール 

恵利

Author:恵利
仕事が好き。
大野智さんと嵐はもっと好き!
強く優しくcuteでありたいです。
仲良くしてください。

 cuteな心意気のすべて 

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。